働く70歳以上は約46万人 4年前から2倍以上に

11/17 05:57 更新

 大企業や中小企業で働く70歳以上の高齢者は約46万人で、過去最多になったことが分かりました。  厚生労働省は従業員31人以上の企業約15万7000社に対して、6月時点での高齢者の雇用状況を調査しました。25%を超える約4万社で70歳以上の人も働ける制度が設けられていて、こうした制度で働いている70歳以上の高齢者は約46万人で、21万人だった4年前から2倍以上に増加し、過去最多でした。厚労省は、人手不足や好景気などが高齢者の雇用につながっていると分析しています。