3.8億円強奪事件 空港近くの防犯カメラに逃走車

04/26 05:52 更新

 福岡市で現金3億8000万円余りが奪われた事件で、逃走した車が現場から約5キロ離れた福岡空港近くの防犯カメラに映っていたことが分かりました。  20日、福岡市の中心部で貴金属販売業の男性(29)が男2人に襲われ、現金3億8400万円を奪われました。警察は25日、犯行グループは3人組の男で、犯人が乗った車は現場から南東の方向に逃走したと発表しました。その後の取材で、犯行から約25分後、現場から南東方向に約5.2キロ離れた福岡市博多区の防犯カメラによく似た車が映っていることが分かりました。車は途中で乗り捨てられたりナンバープレートを付け替えられたりした疑いがあり、警察が足取りを捜査しています。