「騒音が許せない」 近隣男性を包丁で刺す

04/20 05:50 更新

 「騒音が許せない」と福岡市の50歳の男が近所の男性を包丁で刺し、殺人未遂の疑いで逮捕されました。    福岡市東区の無職・内堀孝治容疑者は19日午前9時半ごろ、近所に住む75歳の男性の腹を包丁で複数回、刺して男性を殺害しようとした疑いが持たれています。  被害者の男性(75):「刃物を持っていることが分かった。『貴様、殺すぞ!』と来た。私も棒があったからターンとしたんですよ」  内堀容疑者は「殺人事件を起こしました」と自ら警察に通報しています。刺された男性は軽傷で、命に別状はありません。内堀容疑者は「男性の家からの騒音が許せなかった」と話していて、警察は詳しい事情を調べています。