ごみ収集車の荷台から白煙 またスプレー缶が原因?

02/22 18:49 更新

 オフィス街でごみ収集車から煙が上がり、荷台で火が出た。  偶然、出くわした奇妙な光景。ごみの収集車から煙が噴き出している。皇居や国会に程近い東京・千代田区五番町。22日午前11時前、オフィス街のど真ん中で煙が上がった。消防はすぐ後ろで水を浴びせるが、煙の勢いは衰えない。それどころか、火が出ているものもあった。紙のようなものから火が出ていた。炎が上がった周辺には缶のような物体が。東京消防庁はスプレー缶から出火したとみている。  去年12月、札幌市内で大爆発を引き起こしたとされるスプレー缶。東京23区のごみ収集車は天井に消火用の穴があって水が流し込まれたが、あまりにごみが多く鎮火までに1時間以上かかった。同様な火災は千代田区だけで2013年以降、3回も起きている。千代田区はスプレー缶はなるべく使い切ったうえで「危険」と書いた袋に入れてほしいとしている。