女性教師が男児の口にテープ 給食当番でマスク忘れ

11/18 17:27 更新

 マスクを忘れた児童の口にセロハンテープを貼っていました。  大分県竹田市の教育委員会によりますと、市内の小学校に勤務する50代の女性教師は2月、給食当番でマスクを忘れた当時1年の男子児童の口を幅約5センチのセロハンテープを貼って閉じさせました。また、3月上旬にはこの児童が卒業式の練習中に椅子に座って足を広げるのをやめなかったため、太もも付近をタオルで縛ったということです。いずれもけがはなかったということです。教育委員会は「モラルに欠けた、行き過ぎた指導だった」として、この女性教師の処分を検討しています。