愛知で「はしか」拡大 5人の感染確認 1歳女児も

04/25 05:54 更新

 愛知県ではしかの感染が拡大しています。名古屋市で女子中学生2人が感染したほか、24日も新たに1歳の女の子の感染が確認されました。  感染が確認されたのは今月9日、名古屋市内の病院を受診した市内に住む中学生の姉妹です。この病院では、同じ日に沖縄旅行後にはしかと診断された10代の男性も受診していました。また、病院に勤務する女性職員の感染も確認されていて、市はいずれも院内で感染した可能性が高いとみています。さらに、愛知県東郷町の診療所を受診した1歳の女の子も24日に感染が確認されました。愛知県内では、これまでに5人の感染が確認されていて、県が注意を呼び掛けています。