市議がスマホ置き無断録音 辞職勧告も「辞めない」

03/25 18:42 更新

 市議は「盗聴行為はしていない」と主張しています。  青森市議会の山崎翔一議員は他の議員と共用で使う議員控室のソファにスマートフォンを隠して無断で録音していたとして、22日に市議会で2度目の辞職勧告決議案が可決されました。録音に使ったスマホは市議会の議長が預かっていましたが、25日に山崎議員に返却されました。議長らの目の前で山崎議員が音声データを消去したということです。  青森市議・山崎翔一議員:「盗聴行為はしていないですね。目的は防犯目的です」「(Q.議員活動は?)もちろん辞めないですね」