押切もえさんらメール盗み見 元日経社員に有罪判決

03/24 18:50 更新

 押切もえさんらのメールがのぞき見られた事件で、執行猶予付き有罪判決です。  日経新聞の元社員・寺井淳被告(29)は、メールサービスなどに不正にアクセスし、モデルの押切さんらのメールなどをのぞき見たり、パスワードを変更したりした罪に問われています。判決で東京地裁は、「犯行は執拗(しつよう)かつ常習的で、女性らはプライバシーを侵害され、精神的苦痛は大きい」「奇麗な女性の情報が知りたいという理由から、ゲーム感覚で犯行に及んだ動機に酌むべきものは皆無」と指摘しました。一方で、「反省を示している」などとして懲役2年6カ月、執行猶予4年を言い渡しました。