6000万円着服か 財団法人の元経理部長の女を起訴

03/21 19:57 更新

 東京地検特捜部は21日、約6000万円を着服した罪などで財団法人の元経理部長の女を起訴しました。  宮崎こずえ被告(60)は2011年から2014年にかけて、経理を担当していた一般財団法人「住宅産業研修財団」などから約6000万円を着服したとして、業務上横領などの罪に問われています。宮崎被告は、財団などの口座から引き出した現金を健康保険証を偽造するなどして作った架空の名義の銀行口座などに入金し、着服したということです。特捜部は認否について明らかにしていません。