「ドーンと音と振動」市営バスが電柱に衝突3人けが

03/26 17:33 更新

 京都市でバスが道路脇の電柱に激突し、バスの運転手と乗客の合わせて3人がけがをしました。  26日午前10時半ごろ、京都市伏見区の府道で「バスが電柱にぶつかっています」と近くの住人から119番通報がありました。事故を起こしたのは京都市営バスで、男性運転手(38)と乗客ら合わせて3人が病院に搬送されましたが、いずれも軽傷です。  近所の人:「ドーンという音と振動がきて、何だろうと思って出てきたら土煙が北から南に流れていて」  バスのドライブレコーダーには事故直前に歩行者の姿が映っていて、警察はバスが歩行者を避けようとして電柱に衝突した可能性が高いとみて、事故当時の状況などを詳しく調べています。