「抹茶オーレを」母親にも睡眠薬か 弟殺害疑いの女

06/21 11:49 更新

 大阪府堺市で自殺に見せ掛けて弟を殺害したとして女が逮捕された事件で、女は犯行を隠すため、母親に睡眠薬を飲ませた疑いがあることが分かりました。  殺人の疑いで逮捕された足立朱美容疑者(44)は3月、堺市の実家で弟の聖光さん(当時40)に睡眠薬を飲ませてトイレに運び、練炭を使った自殺を装って殺害した疑いが持たれています。  足立朱美容疑者:「普通に考えて(弟は)自殺だと思います。今となっては追い込まれて自殺したのかな」  聖光さんが亡くなった当時、家には足立容疑者以外に母親がいましたが、その後の調べで、足立容疑者が自殺工作を隠すため、母親に睡眠薬を飲ませた疑いがあることが分かりました。母親は警察に対して「足立容疑者が作った抹茶オーレを飲んだ後、眠くなった」と話しているということです。