長崎・佐世保市の陸自駐屯地で隊員76人が食中毒

02/19 00:05 更新

 長崎県佐世保市にある陸上自衛隊の駐屯地で隊員76人が食中毒にかかっていたことが分かりました。  食中毒を発症したのは、相浦駐屯地の19歳から53歳の隊員76人です。先月28日から30日までに駐屯地内の施設で提供された食事を食べ、下痢や嘔吐(おうと)などの症状が現れたということです。佐世保市保健所が調べた結果、「ノロウィルス」が検出されました。現在は全員、回復しているということです。保健所は18日付で施設の委託業者に対して19日と20日の2日間、営業停止の行政処分を出しました。