令状取得で車にGPS付け捜査 窃盗容疑で3人逮捕

03/21 20:53 更新

 埼玉県内の飲食店に侵入し、金庫を盗んだなどとして男ら3人が逮捕されました。この事件の捜査で警視庁は、令状を取ったうえでGPS(全地球測位システム)端末を車に取り付けていました。  八木孝之容疑者(50)ら3人は先月6日早朝、埼玉県行田市の飲食店に侵入し、現金100万円ほどが入った金庫を盗むなどした疑いが持たれています。警視庁によりますと、3人はレンタカーなどを使って、1都7県で去年8月から80件近くの犯行に及んでいたとみられています。警視庁は去年12月に令状を取ったうえで、GPS端末を車に取り付けて移動先を割り出し、盗まれた金庫の隠し場所を見つけるなどしたということです。警視庁は今回のGPS捜査について、男らが高速道路を猛スピードで移動して尾行が難しかったことに加え、共犯者の特定のために必要だったとしています。GPSを使った捜査を巡っては最高裁が15日、「令状のないGPS捜査は違法」としたうえで、「現在の令状での捜査には疑問がある」との判断を示し、警察庁がすべてのGPS捜査を控えるよう全国の警察に通達を出しています。