破産した「かぶちゃん」2社に家宅捜索 実態解明へ

02/15 11:55 更新

 1000億円以上の負債を抱えて破産した通販会社「ケフィア事業振興会」のグループ会社に警視庁が家宅捜索に入りました。  「かぶちゃん農園」と「かぶちゃんメガソーラー」の2社は去年9月、1000億円以上の負債を抱えて破産手続きを開始したケフィア事業振興会のグループ会社で現在、破産手続き中です。かぶちゃん農園の元代表はケフィア事業振興会の鏑木秀弥氏の長男で、13日に東京・中央区の自宅マンションで死亡しているのが見つかり、遺書が残されていたことから自殺とみられています。警視庁は出資法違反の疑いで2社の財務状況などの実態を調べる方針です。