北海道むかわ町で臨時災害FM局が開局

09/19 00:05 更新

 震度6強を観測した北海道むかわ町で、被災者に生活支援情報を届ける臨時災害FM局が開局しました。  今も約130人が避難所生活を続けているむかわ町では、これまで炊き出しの時間などを町の防災無線などで発信してきましたが、より的確に情報が伝わる臨時災害FM局を18日に立ち上げました。  むかわ町民:「防災無線だと家にいないと聞けない時があるので、(ラジオで)その時間に聞きたい情報が聞けるのは良いなと思います」  番組のパーソナリティーには地元の主婦2人が選ばれ、19日午後6時から生放送されます。  番組パーソナリティー・久保田夕子さん:「ちょっとずつ心身ともに疲れてきているので、少し元気になるような明るい話題も入れていかなくてはいけないな」