東京五輪公式マスコット投票終了 結果は28日

02/22 20:55 更新

 東京オリンピック・パラリンピックの公式マスコットを選ぶ投票が締め切られました。全国の小学校から約20万クラス分の票が集まりました。  東京大会の公式マスコットは去年12月に3つの案が公表され、全国の小学校のクラスごとの投票で決められます。マスコットは、伝統の市松模様と近未来的な世界観から生まれた「ア」案、招き猫や神社のキツネ、狛犬をモデルにした「イ」案、金色の水引を背負ったキツネとタヌキをデザインした「ウ」案の中から選ばれます。投票は22日午後6時に締め切られ、全国の小学校の7割にあたる約20万クラスから投票があったということです。投票の結果は28日に発表され、大会の公式マスコットが決まります。