無補給単独で南極点到達 冒険家・荻田泰永氏が帰国

01/17 08:01 更新

 物資の補給を受けずに単独歩行で南極点到達を成功させた冒険家の荻田泰永さん(40)が帰国しました。  荻田泰永さん:「一言で言うと面白かったですね。新しい極地の姿を見ましたね」「(Q.到達した瞬間は?)正直に言うと、自分のなかで成功を疑ってなかった」  荻田さんは日本時間の6日に南極点に到達し、16日に帰国しました。外部からの補給を受けずに単独での南極点到達は日本人で初めてです。荻田さんは去年11月に南極大陸の海岸を出発し、重さ100キロのソリを引きながら50日間で約1130キロをスキーで踏破し、海抜約2800メートルの標高にある南極点に到達しました。次の目標は、北極点への「無補給単独歩行」だということです。