ピヨピヨ…羽をめくるとガチョウのヒナがかくれんぼ

06/17 20:14 更新

 行方が分からなくなっていたヒナは翼の中に隠れていた。あまりの可愛さに飼育員もびっくりだ。  羽をめくると、そこにいるのはガチョウのヒナ。山口県にある「秋吉台サファリランド」のツイッターに上げられた動画が大人気だ。10日間の再生回数は110万回以上。撮影した飼育担当者に話を聞いた。  秋吉台サファリランド、ガチョウ担当・田渕志保さん:「見当たらなかったので(ヒナの)姿が。お母さんのそばに寄ったら翼の中に入っていたので、これは可愛いと思ってカメラを向けました」  産まれたばかりのヒナは普通、母親のおなかの下が定位置だそうだが。  秋吉台サファリランド、ガチョウ担当・田渕志保さん:「お母さんからすれば、外敵からヒナを守るのに隠すことが一番できる格別な場所なのかな」  実は、ヒナたちの本当の親は別の雌。親鳥が卵から離れがちだったため、田渕さんが最年長のベテランママのマーブルに託したのだという。今月初めに卵からかえった後も2羽のヒナはマーブルのそばを離れようとしない。そして17日午後の様子。ヒナたちもずいぶん大きくなった。ふわふわの羽毛でいるのもあと2週間ほどだそうだ。