オーロラ?SNSで話題に 九州に不思議な“雲”

01/18 18:48 更新

 「まるでオーロラみたい」。九州各地で不思議な雲が目撃され、話題になっています。  18日午前6時半ごろ、鹿児島の上空に突然、不思議な形をした雲が現れました。朝焼けに淡く染り、オーロラのように見えたことなどからSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でも話題になりました。この雲の正体は、固体燃料ロケット「イプシロン」3号機の噴煙です。午前6時すぎに鹿児島県の宇宙空間観測所から打ち上げられました。発射直後の噴煙は真っすぐでしたが、30分ほどすると落ちてきて、うねるような形になったということです。