“重傷”報道に医師「驚き」「骨折は“疑い”」

11/17 18:51 更新

 貴ノ岩関の診断書を作成した医師がけがの程度について新たに答えました。  日本相撲協会の危機管理委員会の発表によりますと、貴ノ岩関の診断書を作成した医師は、頭のけがについて「骨折と髄液漏れ」はいずれも「疑い」だとしているということです。また、今後、髄液漏れが実際に生じる可能性は「極めてまれ」だとしています。医師は、貴ノ岩関に下した診断について重傷であるように報道されていることに「驚いている」と危機管理委員会に話したということです。