アジト提供の「ハコ屋」 1件で家賃4倍分の報酬か

08/16 17:06 更新

 アジト1件で家賃4カ月分の報酬を得ていたとみられています。  不動産会社社長の島津拓真容疑者(38)は詐欺グループにアジトを提供するため、嶋貫見一容疑者(34)の名義でマンションの部屋を借りた疑いが持たれています。名義を貸した嶋貫容疑者は詐欺グループから数万円の報酬を得ていましたが、その後の取材で社長の島津容疑者は家賃の約4カ月分にあたる50万円近くの報酬を得ていたとみられることが分かりました。島津容疑者は詐欺グループにアジトを提供するいわゆる「ハコ屋」で、警視庁は同様の手口で20件以上の物件を提供したとみて調べています。