包丁で刺され男性死亡 義理の兄弟の男を逮捕

03/25 00:57 更新

 東京・目黒区の住宅で50歳の男性を刃物で刺したとして義理の兄弟の男が逮捕されました。刺された男性はその後、死亡しました。  逮捕された無職の43歳の男は24日午前、目黒区の自宅で義理の兄弟で会社員の石丸耕司さんの腹を包丁で刺して殺害しようとした疑いが持たれています。石丸さんは病院に搬送されましたが、死亡しました。警視庁によりますと、石丸さんが家族と妻の実家に行ったところ、男が突然、包丁で刺したということです。男はその後、交番に出頭し、取り調べに対して「私が刺しました」と容疑を認めています。