盗品家電転売?でマークの男 “酒に手を出し”御用

03/27 11:55 更新

 埼玉県内のスーパーで酒を万引きしたとして、67歳の男が現行犯逮捕されました。男は大量の新品の電化製品を盗んで転売していたとみられていて、警視庁が行方を追っていました。  樋口豊二容疑者は今月23日午後5時すぎ、埼玉県川口市のスーパーで酒1本を盗んだ疑いが持たれています。警視庁の捜査関係者によりますと、樋口容疑者は今年に入り、大手家電量販店などから盗んだとみられるテレビやパソコンなど新品の電化製品50点近く約100万円分を30回にわたり、都内の古物商に転売していたとみられます。樋口容疑者の行方を追っていた捜査員が逮捕当日、JR巣鴨駅近くで発見して追跡していました。取り調べに対し、樋口容疑者は「金を払うのが面倒だった」と容疑を認めています。