アクアラインの割引料金継続を…森田知事が熱く要望

01/18 10:04 更新

 千葉県の森田健作知事が、東京湾アクアラインの通行料金の割引継続などを求めて石井国土交通大臣に要望書を提出しました。  東京湾アクアラインにはETC(自動料金収受システム)搭載車の割引制度があり、3090円の乗車の通行料金が800円に抑えられています。差額分は国と県が負担していて、1年ごとに両者が協議して制度の継続を決めています。17日に国交省を訪れた森田知事は制度の継続や、今後は3年ごとの協議にすることなどを盛り込んだ要望書を石井大臣に手渡しました。要望書では、建設が検討されている第二東京湾岸道路を中心とした新たな道路ネットワークの早期の具体化も盛り込まれました。  千葉県・森田健作知事:「ヒトとモノの流れがものすごい大事。次世代に向けて道路網の整備を今やっておかなきゃだめなんですよ」  石井大臣は、アクアラインの3年間の割引継続には前向きな姿勢を示しました。