即位後初 天皇皇后両陛下の肖像画が完成 宮内庁

05/22 07:07 更新

 宮内庁は、天皇皇后両陛下の肖像画が完成したと発表しました。  この肖像画は、縦横2メートルの正方形のキャンバスに日本の写実絵画の第一人者である野田弘志さんが油絵で描いた作品です。宮内庁によりますと、明治以降の歴代の天皇皇后の肖像画は31点ありますが、両陛下を描いた肖像画は皇太子ご夫妻時代の1組のみで、即位後のものはありませんでした。このため、宮内庁は両陛下の許可を得て作業を開始し、写実的な絵画で著名な野田さんに制作を依頼して今年3月に宮内庁に収められたということです。この肖像画は私有品の「御物」として扱われ、現在は宮内庁の三の丸尚蔵館の収蔵庫に保管されています。