身近な火災の危険や最新技術をPR 消防技術安全所

04/22 11:55 更新

 東京・渋谷区にある東京消防庁の「消防技術安全所」が一般公開され、暮らしに潜む火災の危険やドローンを使った最新の救助技術が紹介されました。  渋谷区幡ケ谷の消防技術安全所には、親子連れら1000人以上が集まり、実際にはしご車に乗ったり放水などをしたり体験しました。  参加者:「意外と高いので、びっくりしました」「楽しかった~」  また、熱せられた鍋の油を水で消火しようとすると数メートルの高さの火柱が上がる実験や服の袖に火が付くとすぐに全体に燃え広がる様子などが説明され、暮らしに潜む危険を紹介していました。他にもドローンを使った最新の救助活動などを公開していて、東京消防庁は、消防技術の公開を通して防火防災意識の向上を呼び掛けています。