踏切に自転車、列車が衝突 10分間に何者かが放置か

04/22 11:54 更新

 21日、JR高崎線で貨物列車が踏切に置かれた自転車と衝突しました。警察は、何者かが自転車を置いたとみて調べています。  午後11時10分ごろ、群馬県高崎市のJR高崎線新町駅から約300メートル離れた踏切で、貨物列車が現場に置かれた自転車と衝突しました。貨物列車は、安全を確認して約20分後に運転を再開しました。警察などによりますと、午後11時ごろには別の列車が通過しているということです。現場は人通りが少なく、人目に付きにくい場所で、警察は約10分の間に何者かが自転車を踏切に置いたとみて詳しく調べています。