“詐取金”と知り上納受け取りか 山口組系幹部ら

09/21 19:51 更新

 犯罪で得た金を上納金として受け取ったとして、指定暴力団山口組系の幹部の男ら2人が逮捕されました。  指定暴力団山口組の2次団体「落合金町連合」の会長・佐藤光男容疑者(64)と組員・倉田良一容疑者(58)はおととし11月、傘下の組員の40代の男が知人からだまし取った現金100万円の一部を犯罪で得た金と知りながら、上納金として受け取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、金をだまし取られた知人が警察署に通報したことにより事件が発覚しました。取り調べに対し、佐藤容疑者は黙秘していて、倉田容疑者は「犯罪で得た金とは思っていなかった」と容疑を否認しています。