殺人罪などで元保護者会長の男起訴 小3女児殺害

05/26 17:17 更新

 元保護者会長の男が殺人罪などの罪で起訴されました。  渋谷恭正被告(46)は千葉県松戸市で、当時、小学3年生のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)を軽乗用車に乗せて連れ去り、わいせつな行為をしたうえ、首を絞めて殺害した罪などで起訴されました。捜査関係者によりますと、渋谷被告の軽乗用車から凶器とみられるひも状のものが押収され、渋谷被告とリンちゃんのDNA型が検出されたということです。ANNは被害者への配慮から匿名にしていましたが、父親から「事件や娘のことを忘れてほしくない」との強い希望があり、実名報道に切り替えました。