男「踏み間違えちゃった」ハイヤー運転手殺害事件

09/20 11:59 更新

 東京・六本木でタクシー運転手の男がハイヤー運転手の男性をはねて殺害した事件で、男は目撃者に対し、「アクセルとブレーキを踏み間違えちゃった」と話していたことが分かりました。  南康弘容疑者(69)は15日、港区六本木で、交通トラブルから口論になったハイヤーの運転手・岡田進さん(45)をタクシーではねて殺害した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、南容疑者は岡田さんをはねた直後、現場にいた目撃者に「アクセルとブレーキを踏み間違えちゃった」と話していたことが分かりました。取り調べに対しては「ブレーキを踏んだが、車が止まらなかった」と供述していました。警視庁は南容疑者がアクセルを踏んだ認識があったとみて、当時の状況を詳しく調べています。