浸水被害の岐阜県 廃棄物集積場からダイナマイト

07/13 23:32 更新

 豪雨で川が氾濫して浸水被害の遭った岐阜県では、災害の廃棄物集積場からダイナマイトが見つかりました。  13日午後2時ごろ、岐阜県関市で豪雨災害で出た廃棄物の仕分け作業を行っていたボランティアの男性がダイナマイトのようなものを見つけました。警察が確認したところ、木箱の中に長さ20センチほどのダイナマイト10本と雷管の付いた導線4本が入っていましたが、水分を含んでいて爆発の恐れはなく、現場で専門業者が回収しました。集積場のある地区周辺では津保川が氾濫し、建物に床下浸水などの被害が出ていて、廃棄物は川が氾濫した8日以降に集められたものだということです。ダイナマイトの所有者は分かっていませんが、警察は火薬類取締法違反の疑いも視野に調べています。