車の破片が散乱…神奈川県内で相次ぐ“ひき逃げ”

03/26 19:08 更新

 26日未明、神奈川県内でひき逃げ事件が2件相次ぎました。1人が死亡、もう1人が意識不明の重体です。  警察によりますと、午前1時前、大和市の市道で、会社員の柴田宣由さんが頭から血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡しました。近くには車の破片が散乱していました。ほぼ同時刻に約10キロ離れた厚木市の交差点で、乗用車が40代とみられる男性をはね、そのまま逃走しました。男性は意識不明の重体です。警察は、いずれもひき逃げ事件として逃げた車を追っています。