アパートから炎と黒煙 住民2人けが 隣家にも延焼

11/17 18:12 更新

 横浜市で木造アパートが全焼し、住民の男女2人が重軽傷を負いました。  17日午前11時すぎ、横浜市鶴見区で、木造2階建てアパートから「黒煙が出ている」と近所に住む人から119番通報がありました。火は約1時間半後に消し止められましたが、このアパートと隣接する家など合わせて5棟が焼けました。また、アパートの2階に住む女性(58)がやけどや足を骨折するなどの重傷、1階に住む男性(70)が左手に軽傷を負いました。警察と消防は実況見分を行い、出火原因を詳しく調べる方針です。