元交際相手の母親を人質に立てこもり 21歳男を逮捕

05/26 05:56 更新

 25日、東京・台東区のマンションで、男が元交際相手の母親(55)を人質に立てこもる事件があり、男が現行犯逮捕されました。  自称・鹿児島県姶良市の堤慎吾容疑者(21)は、台東区浅草の元交際相手の母親が住むマンションの一室で母親を監禁したうえ、けがをさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、堤容疑者は特殊班が突入する直前、自分の胸や腹を包丁で刺し、意識がない状態で病院に搬送されました。母親も堤容疑者に背中などを切られて病院に搬送されましたが、意識はあるということです。堤容疑者は母親の娘(20代)と先月まで交際していて、復縁を迫っていたとみられます。事件の前日には堤容疑者が娘の自宅を訪れるなどしていて、警視庁が事件に至った経緯を詳しく調べています。