「はやぶさ2」が降下開始 計画通りの着陸目指す

02/21 14:06 更新

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)の探査機「はやぶさ2」は小惑星「リュウグウ」に着陸するため、21日午後1時15分から降下を始めました。  当初は午前8時ごろに降下を開始する予定でしたが、必要な条件を満たせなかったため開始を遅らせていました。JAXAは午後1時すぎに降下に問題がないと判断し、はやぶさ2は降下を始めました。はやぶさ2はリュウグウの上空20キロにいますが、予定していたよりも降下速度を速めて計画通り、22日午前8時25分ごろの着陸を目指します。