【報ステ】「世界平和」願い…愛子さま中学卒業

03/22 23:30 更新

 皇太子ご夫妻の長女・愛子さまが中学校を卒業された。卒業式には、皇太子ご夫妻とともに出席された。卒業にあたり、愛子さまは『世界の平和を願って』と題した作文を書かれた。去年5月に修学旅行で訪れた広島の原爆ドームについて「目の前にした私は、突然足が動かなくなった」「まるで、71年前の8月6日、その日その場に自分がいるように思えた」と当時の心境をつづられた。そして、「唯一の被爆国に生まれた私たち日本人は、自分の目で見て、感じたことを世界に広く発信していく必要があると思う。『平和』は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから」「そう遠くない将来に核兵器のない世の中が実現し、広島の『平和の灯』の灯が消されることを心から願っている」とまとめられた。