「風疹」の流行拡大中 多くが関東の30代~50代男性

08/16 18:10 更新

 風疹の流行が拡大していて、国が予防接種を受けるよう呼び掛けています。  厚生労働省によりますと、5日までの2週間で風疹の患者数は38人でした。今年になってからの患者数は96人で、去年1年間の93人をすでに上回っています。感染した人の多くが関東地方の30代から50代の男性でした。風疹は、妊娠中の女性がかかると心臓などに障害を持つ子どもが生まれることがあります。厚労省は、予防接種を受けていない人や妊娠を希望している女性は予防接種を任意で受けるよう呼び掛けています。