介護保険料が6%上昇 平均で前3年間より355円増

05/21 17:14 更新

 今年度から納める介護保険料は全国平均で月額5869円で、前年度より6%上がったことが分かりました。  厚生労働省によりますと、今年度から3年間の介護保険料の全国平均は月額で5869円で、前の3年間の平均より355円上昇しました。保険料は自治体ごとに異なりますが、最高額は福島県葛尾村の月額9800円で、最少額は北海道音威子府村の3000円でした。厚労省は葛尾村などの被災地について震災や原発事故で家族が避難して介護サービスに頼る高齢者が増え、保険料が高くなる傾向にあると分析しています。一方、介護する職員の数は現在190万人いますが、介護を必要とする人が増えるため、2025年度には245万人必要となる見通しです。厚労省は賃金を上げるなどして介護職員を年間6万人ずつ増やしたいとしています。