浜渦氏らへの告発状を地検が受理 百条委の偽証問題

09/21 13:24 更新

 東京都の浜渦武生元副知事ら2人が百条委員会で偽証したとして都議会が提出した告発状について、東京地検特捜部が受理したことが分かりました。  浜渦元副知事と赤星経昭元理事の2人は、東京ガスとの豊洲市場用地の売買を巡る基本合意の際の確認書について、百条委員会で「知らない」などと証言したことなどが偽証にあたるとして、7月、都議会から刑事告発されていました。都の議会局によりますと、19日に東京地検から告発状を受理したという連絡があったということです。東京地検特捜部は今後、浜渦元副知事らの認識を確認するなどし、刑事責任の有無を慎重に判断するものとみられます。浜渦元副知事らはこれまで、偽証について否定しています。