栃木中3男子 アルマーニ制服の小学校を脅迫の疑い

04/24 11:59 更新

 高級ブランド「アルマーニ」の標準服を採用した東京・銀座の泰明小学校をインターネット上で脅迫したとして、14歳の少年が書類送検されていたことが分かりました。  書類送検されたのは、栃木県内の14歳で中学3年の男子生徒です。男子生徒は7日、自宅のパソコンで東京・中央区立泰明小学校について、「普通に通学させればいいだろ」「いい加減にしないとナイフで特攻しちゃいますよ」などと書き込んだ疑いが持たれています。警視庁の調べに対し、男子生徒は「小学生なのに高級な服を着せるのは不適切だと思った」などと容疑を認めています。泰明小学校は、今年の新入生からアルマーニの標準服を採用しています。