店員に“ハサミ”で「刺すぞ」 ニット帽男が逃走中

03/22 18:52 更新

 コンビニ店で、男が店員にはさみのような物を突き付けて逃走しました。  警察によりますと、22日午前4時ごろ、長野県松本市の「サークルK松本島高松店」で、男性店員が商品の酒を隠し持っている男を見つけました。110番通報すると、男ははさみのような物を店員の首に突き付け、「刺すぞ」と脅して逃げました。店員にけがはありませんでした。男は20代から30代で、灰色のジャンパーとズボンに黒いニット帽をかぶり、マスクをしていました。警察は強盗事件として男の行方を追っています。