高校生ら8人の死亡確認 那須のスキー場の雪崩で

03/27 23:32 更新

 栃木県那須町のスキー場で山岳部の高校生らが雪崩に巻き込まれ、男子生徒と教師合わせて8人の死亡が確認されました。  現場のスキー場では、自力で歩くことができる生徒らが下山しました。雪崩に巻き込まれた生徒らのうち、県立大田原高校の男子生徒7人と男性教師1人の死亡が確認されました。このほか、重傷2人を含む40人がけがをしました。現場での救助活動は終了し、行方不明者はいないということです。高校生らは春山登山の講習会に参加していて、27日朝から悪天候だったため、山に登ることは取りやめていましたが、代わりに「ラッセル」という訓練をしていて雪崩に巻き込まれたとみられます。