「はやぶさ2」降下開始せず あす小惑星着陸の予定

02/21 11:50 更新

 小惑星「リュウグウ」への着陸に向けて21日朝から降下を始めるはずだった探査機「はやぶさ2」が、予定時刻を過ぎても降下を始めていないことが分かりました。  現在、はやぶさ2はリュウグウの上空20キロにいます。JAXA(宇宙航空研究開発機構)によりますと、着陸を目指して午前8時ごろから秒速10センチで降下を開始する予定でしたが、約3時間半が過ぎた午前11時半現在も動いていません。はやぶさ2自体に問題はないということですが、降下に必要な条件を満たしていないため、JAXAの「はやぶさ2運用チーム」が降下開始を命令する信号を送っていないということです。当初、着陸は去年10月に予定されていましたが、リュウグウの地表の起伏が想定より激しかったため延期されていました。