岡山・倉敷市 浸水で被害 まび記念病院が外来再開

07/20 05:50 更新

 西日本豪雨で1階部分が浸水し、機能がまひしていた岡山県倉敷市のまび記念病院が外来診療を再開しました。  まび記念病院は1階部分が水没し、患者や職員ら約350人が取り残されるなど病院機能がストップしました。診療は、病院の駐車場に健康診断用の車を置いて国際医療ボランティア(AMDA)や地元の医師会の支援を受けて試験的に再開されました。  患者:「2週間になるんですけど薬も切れているし、心配でした」「緊急の人、いっぱいいると思う。ありがたいと思う」  今後は被害のなかった2階で薬の受け渡しを行う予定です。