偽造クレジットカード使い ゲーム機“だましとる”

09/21 09:36 更新

 偽造クレジットカードを使って家電量販店からゲーム機3台をだまし取ったとして、中国人の男2人が逮捕されました。  自称・留学生の曲芸容疑者(23)ら2人は今年1月14日、仲間とともに神奈川県綾瀬市の家電量販店で、偽造クレジットカードを使ってゲーム機3台、6万円相当をだまし取った疑いが持たれています。警察によりますと、2人は同じ家電量販店の神奈川県内の16店舗でも犯行に及んでいて、被害は200万円相当に上るということです。また、愛知県でも同様の手口で犯行を繰り返していて、被害は合わせて62の店で約1200万円に及ぶとみられています。取り調べに対して、2人は容疑を認めています。偽造カードには外国人のデータが入っていて、警察はデータの入手方法などを調べています。