無事に戻った男の子の様子は…安堵と喜びの母親会見

08/15 18:56 更新

 山口県の周防大島町で行方不明になっていた2歳の男の子が無事に見つかり、母親がその喜びを語った。  理稀ちゃんの母親・藤本美緒さん(37):「3日も経って…駄目かなって気持ちが大きかったので、息子が目を開けてこっちを見た時はすごく胸がいっぱいになりました。皆様のおかげです。本当にありがとうございました」「(Q.生存していたという情報は、どんな形で?)私の父(理稀ちゃんの祖父)が見つかったぞと家に駆け込んできまして。本当に生きて会えると…思っていなかったのが、正直なところだったので本当に胸がいっぱいで言葉では言えないです」  15日朝、ボランティアによって3日ぶりに保護された藤本理稀ちゃん。大きなけがはないものの軽い脱水症状が見られ、念のため入院している。母親が午後5時前に会見を開き、その理稀ちゃんの様子について語った。  理稀ちゃんの母親・藤本美緒さん:「おかげさまで大きなけがもなく疲れているようで、今はぐっすり眠っております。正直、起きたら私にべったりくっ付いていまして、CT(コンピューター断層撮影)等も撮るようなこともあったが、その時も嫌だ嫌だと泣いたりとか」「(Q.会話は?)普段はよくしゃべる子だが、やっぱり疲れているようで、なかなか言葉を多くは発することはないが、『おなかすいた?食べる?』と聞いたら「うん。食べたい」というふうな返答だったり、私と離れるようなことがあったら『お母ちゃん』と言ったり」「(Q.何か食べた?)バナナをほぼ1本、ゼリーとリンゴジュースなどを飲みました」  理稀ちゃんは13日に2歳の誕生日を迎えたばかりだ。  理稀ちゃんの母親・藤本美緒さん:「アイスクリームが好きなので(誕生日)ケーキはアイスケーキにしてあげようかなと考えています。無事に発見されたことを感謝しております。どうもありがとうございました」