「息子を死なせた」18歳母親、犯行の3時間後に通報

02/21 11:54 更新

 青森県むつ市で18歳の母親が2歳の長男を殺害したと20日夜、警察に自首して殺人の疑いで逮捕されました。  警察によりますと、むつ市の18歳の母親は午後4時前、自宅で長男の首を絞めて殺害した疑いが持たれています。母親は犯行から3時間後に「息子を死なせてしまった」と警察に通報しました。警察の調べに対し、「通報までの間はずっと長男と一緒に部屋にいた」と話しています。母親は70代の祖母と長男の3人暮らしで、去年10月ごろ、長男と一緒に首都圏から祖母の家に引っ越していました。警察は育児の悩みなどが犯行につながったとみて調べを進めています。