チラシ配りの少女に声かけ…カラオケ店で“乱暴”

06/22 11:56 更新

 メイド喫茶のチラシ配りの少女に声を掛け、カラオケ店で乱暴したとして男2人が逮捕されました。  東京・大田区の会社員・榊原康太容疑者(24)と藤本貴幸容疑者(23)は今年4月、東京・千代田区外神田のカラオケ店で少女(当時19)に乱暴し、けがをさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、榊原容疑者がメイド喫茶のチラシ配りをしていた少女に「カラオケでも行かない?」と声を掛け、後から合流した藤本容疑者とともに犯行に及んだということです。取り調べに対し、榊原容疑者は「同意のうえだった」と話し、藤本容疑者は「酔っていて覚えてない」と2人とも容疑を否認しています。