【報ステ】バス転落事故から2年 犠牲者を悼む

01/15 23:30 更新

 大学生ら15人が亡くなった長野県軽井沢町のスキーバス転落事故から15日で2年。事故発生時刻の午前1時50分過ぎ、同じバスに乗っていた友人たちが現場を訪れ、手を合わせた。事故で亡くなった田原寛さん(当時19)の同級生は「楽しい思い出や他愛ないことは段々忘れていって、悲しい記憶だけ残るのがつらい」と話した。警察は去年6月、業務上過失致死傷の疑いでバス運行会社の社長らを書類送検している。