霊と交信…「チャネリング」で人気の女性が“脱税”

11/16 11:59 更新

 霊と交信するなどとして「チャネリング」のセミナーなどを開いて人気を集めていた女性が一部の収入を申告せず脱税したとして、東京国税局から刑事告発されました。  千葉県市川市の山本千春氏(48)は霊と交信するなどとしてチャネリングのセミナーを開くなどしていましたが、その収入の一部を申告せず、おととしまでの3年間に約1億3200万円の所得を隠し、約4800万円を脱税した疑いが持たれています。セミナーの関係者は「有名になるにつれて料金が上がっていった」「お金の勘定で不安な部分もあった」などと話しています。ANNの取材に対し、山本氏の代理人は「細かい事実関係はお話しできない」としています。