事件直後に高級外車を購入 逮捕の元国会議員秘書

11/09 11:52 更新

 8年前に京都市で現金1億円が奪われた強盗事件で、逮捕された元国会議員秘書の男が事件直後、高級外車を購入していたことが分かりました。  元国会議員秘書で現在、別の強盗致傷事件で服役中の上倉崇敬容疑者(44)は知り合いの西谷真弓容疑者(59)と共謀し、2010年9月に京都市左京区の不動産会社社長の住宅に押し入り、社長の妻(当時52)にナイフを突き付けるなどしてけがをさせ、現金1億円を奪った疑いで逮捕されました。捜査関係者によりますと、上倉容疑者は事件直後、イタリアの高級外車「フェラーリ」を購入していたことが新たに分かりました。上倉容疑者は国会議員秘書という立場を通じて西谷容疑者に知り合ったとみられ、警察は当時、工務店を経営していた西谷容疑者が被害者の家を上倉容疑者に教えたとみて詳しく調べています。