紫色のポルシェが燃えた エンジンルームから火の手

09/16 11:52 更新

 16日朝、神奈川県小田原市の小田原厚木道路で、事故を起こしたポルシェが燃えました。運転していた男性にけがはありませんでした。  午前6時半すぎ、小田原厚木道路の下り小田原東インターチェンジ付近で、「車が燃えている」と110番通報がありました。警察や消防が駆け付けると紫色のポルシェが燃えていて、火は約2時間後に消し止められました。警察によりますと、ポルシェは走行中にスリップ事故を起こし、その後、エンジンルームから火が出たということです。運転していた男性(52)は、火が出る直前に逃げてけがはありませんでした。