京都府警の警察官逮捕 高齢者から約1200万円詐取か

06/16 06:21 更新

 特殊詐欺対策で対応にあたった高齢者から約1200万円をだまし取ったとして京都府警の警察官が逮捕されました。  詐欺の疑いで逮捕されたのは京都府警山科署の巡査長・高橋龍嗣容疑者(38)です。警察によりますと、去年11月、78歳の男性が多額の現金を引き出そうしたため、特殊詐欺を疑った金融機関が警察に通報し、近くの交番に勤務していた高橋容疑者がこの金融機関に駆け付けました。高橋容疑者はその後、男性の自宅に同行し、「警察でお金を預かっておく」などと嘘を言って、2回に分けて現金1180万円をだまし取ったということです。高橋容疑者は「だましたつもりはない、借りたもの」と容疑を否認しています。警察は使い道や動機について捜査を進めています。