列車のタイヤが破裂 新交通システムで脱線事故

01/17 05:56 更新

 さいたま市の大宮駅と埼玉県伊奈町を結ぶ新交通システムで、走行中の列車のタイヤが破裂して脱線する事故がありました。  16日午前11時すぎ、さいたま市内を走っていた新交通システム「ニューシャトル」の運転士が大きな音に気付いて列車を緊急停車させました。運行する埼玉新都市交通によりますと、最後尾の車両のタイヤ2つが破裂やパンクし、脱線したということです。乗客約100人にけがはありませんでした。壊れた設備の復旧作業で運転を見合わせていて、17日午前10時半ごろに運転再開の見込みです。国の運輸安全委員会が脱線事故として調べています。