辺野古で移設に抗議の大規模集会 翁長知事も初参加

03/25 11:50 更新

 アメリカ軍普天間基地の沖縄県名護市辺野古沖への移設に反対する大規模な集会が建設予定地の近くで開かれ、沖縄県の翁長知事も初めて参加しました。  集会は、辺野古の基地建設予定地に近いキャンプシュワブの前で25日午前11時に始まりました。沖縄県の各地からバスをチャーターするなどし、多くの県民が集会に参加しています。翁長知事が辺野古での抗議行動に参加するのは、2014年の知事就任以来、初めてです。翁長知事は、埋め立てを進めようとする政府に対して、新たな訴訟も辞さない構えを見せています。集会には沖縄県選出の国会議員らも参加し、基地建設反対の決議文を採択します。