「義母と弟にイライラ」自宅に放火の16歳少年を逮捕

06/22 08:01 更新

 奈良県葛城市で、自宅に火を付けて同居する義理の母親と1歳の弟を殺そうとしたとして、16歳の少年が逮捕されました。  逮捕されたのは16歳の高校2年生の少年で、20日午後11時ごろ、葛城市の自宅で、キッチンコンロで火を付けた封筒を自室のごみ箱に投げ入れて放火、義理の母親と弟を殺害しようとした疑いが持たれています。けが人はいません。警察の調べに対し、少年は「義理の母と弟にイライラした。殺すつもりだった」と容疑を認めているということです。少年は父親と義理の母親、1歳の弟と4人暮らしで、警察は家庭内で何らかのトラブルがあったとみて詳しく調べています。