イノシシが直立2足歩行…驚きと怒り!梨の被害甚大

10/19 18:55 更新

 実りの秋に動物たちも浮き足立っているようだ。梨園に現れたイノシシが取った意外な行動とは。  我々は進化の過程に立ち会っているのかもしれない…。あのイノシシが二足歩行?  梨農家・舟川賢介さん:「びっくりしましたね」  そう話すのは、梨農家の舟川さん。2年ほど前から収穫期の梨の枝が折れる被害が目立つようになったというが、今年はそれがかつてないペースで頻発。たまりかねて防犯カメラを設置したところ、とんでもない映像が収録されたという。真夜中の梨畑ですくっと立ち上がり、横移動するシルエット。地面近くをうごめくのは子どものイノシシだろうか。そのなかで1体だけ真っすぐに立ち上がる姿が確認できる。だらりと下に伸びる前足はまるで人間の腕のようだ。この1体はいったん、四足に戻った直後に再び立ち上がったように見える。もちろん、狙いは枝に実った梨の実に違いない。恐るべきモチベーション。いや、日頃は四足歩行の動物。必要とあらば後ろ足で立つ事例はいくらでもある。二足歩行は我々だけという思い込みこそ、人間のおごりなのかもしれない。