暴力団関係者同士がトラブルか 腹を刺され男性死亡

03/20 23:26 更新

 横浜市の飲食店で暴力団関係者同士のトラブルがあり、1人が腹を刺されて死亡しました。  20日午後1時半ごろ、横浜市港北区の病院から「刺された人が病院に運ばれてきた」と110番通報がありました。警察によりますと、30代から40代くらいの男性1人が腹を刺されていて、搬送先の病院で死亡しました。搬送される30分ほど前には、横浜市都筑区のラーメン店で「客同士で座敷内で言い争う声が聞こえる」と110番通報があり、腹を刺されて死亡した男性と関連があるとみられています。死亡した男性は暴力団関係者とみられ、警察は暴力団関係者同士のトラブルがあったとみて詳しく調べています。