千葉の養豚場で豚大量死 豚コレラ疑いは「陰性」

05/24 11:57 更新

 千葉県内の養豚場で、20頭以上の豚が死んでいたのが見つかり、簡易検査で豚コレラの陽性反応が出ましたが、精密検査をした結果、陰性で、豚コレラではなかったことが分かりました。  千葉県の会見:「精密検査の結果、本日、豚コレラではないことが確認されました」  千葉県によりますと、旭市の養豚場で、22日までに生後間もない豚24頭が死に、21頭に下痢の症状があり、県の職員が2種類の簡易検査をして、豚コレラの陽性反応が出たということです。これを受けて国が精密検査をしたところ陰性と確認されました。また、殺処分や移動規制が必要な伝染病ではないことも分かりました。県は引き続き原因の特定を急ぎ、経過を見守ることにしています。