海釣り中に不明の小学生ら3人を発見 

08/15 15:15 更新

 岩手県久慈市の漁港からボートで釣りに出たまま行方不明となっていた男性2人と小学生の男の子の合わせて3人が発見されました。男性2人は生存が確認され、男の子については病院に運ばれ、容体を確認しています。  行方が分からなくなっていたのは、瀬野昭司さん(46)、外舘博幸さん(43)、それに小学6年生の樋渡翔成くん(12)の3人です。3人は親族で14日朝、久慈市の漁港から組み立て式の簡易ボートで海へ釣りに出掛け、午前9時40分ごろを最後に連絡が取れなくなっていました。海上保安庁などで捜索を行い、15日午前10時すぎに乗っていた可能性がある無人のボートが発見されていました。そして、午後2時15分ごろ、警察の警備艇が久慈漁港付近で3人を発見しました。男性2人は生存が確認され、男の子については病院に運ばれ、容体を確認しています。