逮捕の娘「直前に母とけんか」 帰省中に放火か

10/15 18:00 更新

 兵庫県豊岡市で起きた事件だ。帰省中の専門学生が実家を放火した疑いで逮捕された。家族の間で一体、何があったのだろうか。  原形をとどめないのは豊岡市の木造住宅。10日夜、全焼した。住人で51歳の女性は意識はあるものの重傷。当時は風呂に入っていて、逃げた直後にこう叫んだという。  近隣の住民:「(女性は)『娘が中におる』と」  火災は放火だった。逮捕されたのは意外な人物。母親が救出を求めた娘だというのだ。専門学校に通う21歳の谷岡美咲容疑者。兵庫県姫路市で暮らしていた娘。一方、母親は一人暮らし。帰省ともなれば穏やかな時が流れるはず。それが、なぜ…。事件の直前、近所の人は争うような声を聞いていた。  近隣の住民:「子どものけんかみたいな(声が)窓から聞こえた。だんだん大きくなって、女性か子どもの声」  この声の本人なのか。逮捕された谷岡容疑者は警察の調べに対し、「家を燃やしたのは間違いない」「直前に母親とけんかした」と話す一方、詳しい動機については明らかにしていないということだ。警察は詳しい手口などを調べている。