海が真っ白に! 北海道小樽の海岸で「群来」

02/20 16:55 更新

 北海道小樽市の海岸でニシンが産卵のために大挙して押し寄せる「群来」が見られました。  ニシンの大群が産卵のために沿岸に押し寄せて雄の精子によって海水が白くなる現象で、群来と呼ばれています。小樽市によりますと、沿岸では先月10日にニシン漁が解禁され、これまでに約120トンが水揚げされています。漁は今がピークで、例年に比べると水揚げはやや少ない状況だということです。