喫煙できる飲食店の条件を大幅に緩める方針 反発も

11/16 19:16 更新

 これまでの案から一転、喫煙できる飲食店の条件を大幅に緩める方針です。  受動喫煙対策を巡って厚生労働省は、面積が150平方メートル以下の飲食店で喫煙を認める新たな案の検討に入りました。30平方メートル以下のバーなどに限るとしていたこれまでの案から大幅に後退した形です。ただし、新たに開いた店や大手チェーンが経営する店では喫煙を認めません。また、加熱式たばこは喫煙スペースで吸うことなどが盛り込まれる見通しです。厚労省は来年の通常国会に法案を提出したい考えですが、患者団体などからの反発が予想されます。