福島第一原発1号機の内部調査 ロボットの画像公開

03/19 06:26 更新

 東京電力は、福島第一原発1号機の内部に投入した調査ロボットの画像を公開しました。  この調査は、1号機の格納容器に開けた穴からロボットを投入し、カメラをつり降ろして水没しているとみられる溶けた燃料を調べるものです。18日午前10時20分ごろ、格納容器内部へのロボット投入が始まりました。ロボットはまっすぐの状態で投入され、作業用の足場でコの字型に変形しました。足場の上で走行をし始めたところまで画像に収められています。東電は19日午後に会見を開き、内部の放射線量など調査内容を説明するとしています。