高速道は夕方に激しい渋滞 関越道上りで26Km超

08/14 16:58 更新

 お盆休みの帰省先や行楽地から戻る車で高速道路の上りが14日、渋滞のピークを迎えています。  東北道や関越道、中央道や東名の今の様子は、いずれも東京方面で長い車列が続いていますが、午後4時の時点で最も混雑しているのが関越自動車道です。埼玉県の東松山インターチェンジ付近はノロノロ運転で流れています。日本道路交通情報センターによりますと、埼玉県の高坂サービスエリア付近を先頭に26キロの渋滞が発生しています。また、東北道では栃木県の黒磯板室インターチェンジ付近で16キロ、中央道は小仏トンネル付近で19キロ、東名でも大和トンネル付近を先頭に15キロの渋滞となっています。これから日没時間を迎えて暗くなるので、運転には十分にご注意下さい。