40万株の花じゅうたん 埼玉・秩父で芝桜が見ごろ

04/20 12:45 更新

 都内で咲いていた桜はすっかり散ってしまいましたが、40万株の花じゅうたんが、今まさに見頃を迎えているそうです。  (楪望リポーター報告)  埼玉県秩父市の羊山公園にある「芝桜の丘」では、約40万株の芝桜の絶景を楽しむことができます。今まさに見頃を迎えていまして、20日はお天気にも恵まれて、青空と芝桜のコントラスト、非常に美しい景色を楽しむことができます。  芝桜は元々、北アメリカ原産の植物で、「芝桜」という名前から桜の仲間なのかなと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、桜の仲間ではありません。なぜ、芝桜と呼ばれるようになったかといいますと、咲いている姿が桜と似ていること、また、芝がはって成長していくような形ということで芝桜と呼ばれるようになりました。  芝桜の丘では9つの品種を楽しむことができまして、濃いピンクから薄いピンク、白、紫と違った景色をそれぞれの場所で楽しむことができます。芝桜を求めて多くのお客さんが平日にもかかわらず足を運んでいます。  離れて見ると、丘に沿ってぴったりとじゅうたんのように見えますが、近くで見てみると花びらがハート型の小さくて可愛らしい花をつけています。今年は暖かい日が続いたということもあり、1週間から10日ほど見頃が早くなっているということです。「4月いっぱいかな」と関係者の方はおっしゃっていました。  秩父は暑い日となっていますが、週末もお天気は良くなりそうです。気温もグングンと上がりまして、予想最高気温30度と真夏日予想も出ていますので、水分補給などこまめにするなどして楽しんで下さい。