被災した家の片づけ本格化 震度6強の村上市

06/22 11:49 更新

 新潟県村上市で震度6強を観測した地震から初めての週末を迎えました。住民らは片付けに追われています。  最大震度6強を観測した村上市府屋では22日朝から雨が降り続き、住民は家の中での片付け作業に追われました。  住民:「雨漏りや二次災害が心配。自分の家が大変だったので、周りがどんな状況か把握できていない」  村上市が21日までの2日間に実施した建物の危険度判定では、屋根瓦の落下などの恐れがあって危険と判定されたものが40件、要注意が147件となっています。村上市ではこの後もぐずついた天気が続き、地盤が弱くなっているため、土砂災害にも注意が必要です。